アンチエイジング

プラセンタにも種類があるの?

美肌効果アンチエイジングの効果に優れているとして、注目を集めているのがプラセンタですが、これは英語で胎盤を意味する言葉です。
胎盤といえば一瞬、びっくりしてしまうかもしれませんが、もちろん胎盤そのものを使用するのではなくて、胎盤に含まれている各種栄養素のみを抽出してコスメやサプリメントとして商品化しているのです。
プラセンタと一口に言っても種類がいくつかあるのです。

人間の胎盤が使用されているヒトプラセンタを始めとする「哺乳動物のプラセンタ」では、馬プラセンタや、豚プラセンタ、羊プラセンタがあります。
また「植物性プラセンタ」に、「海洋性プラセンタ」もあります。
ヒトプラセンタは人間の胎盤が使用されたもので、取り扱いができるのは医療品としてのみです。
クリニックなどで注射として使用されていて、サプリメントやコスメには一切使用されていません。
この医療現場で使用されているプラセンタの活用法はこちらにかいてある通りです。

同じ人間の胎盤が精製されて使用されているので、安心面、安全面がとても高いものです。
また美容や健康への効果も優れているので、主には病気の治療薬として使用されることが多いのです。
同じ哺乳動物もので、効果の高さで注目を集めているのが馬です。

豚と比較してアミノ酸が250倍もあることや、必須アミノ酸も6種類含まれているので、栄養価が非常に高いためです。
馬で最も安全で安心なのはサラブレッドです。
徹底した管理下で飼育されていますので、オススメです。

豚は今日最も身近で、人間の細胞に似ていることもあり、飲みやすく、摂取されやすいという特徴があります。
哺乳動物以外の植物性のものは、正確には胎盤ではなく、胎盤と同じ働きのある胎座と言われる部分のエキスが抽出されています。
動物のものではないので、安全性も高いですが、成長因子などが含まれないので、美容効果もその分低くなります。
また海洋性のものは、魚の卵巣膜が使用されたもので、植物性と同様にこちらにも成長因子は含まれていません。

このページの先頭へ